2011年08月04日

アインシュタイン その生涯と宇宙

 自動翻訳をそのまんま使ったと思われる記述があるという事で話題になっちゃってるらしい。
 問題の部分は第13章、下巻になるようです。
 修正版も出される(出された?)ようなので、どうしても修正前のものが見たい人は中古市場を探した方がいいでしょう。
 定価の10倍、2万円ぐらいの値が付いてるらしいですが。

アインシュタイン その生涯と宇宙 (上) / 原タイトル:EINSTEIN (単行本・ムック) / ウォルター・アイザックソン/著 二間瀬敏史/監訳 関宗蔵/訳 松田卓也/訳 松浦俊輔/訳
posted by 記事手法 at 12:51| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。